海外の歯列矯正事情って知ってる?アメリカ、イギリス、フィリピンでは?

日本でも、歯列矯正がする人が昔と比べると増えたような気がしますが、それでも海外と比べると実際にやってる人はまだ少なく、一部の人がやっているというイメージがあると思います。

 

あっどうも、かえる (@arasahablog)です。今回はいくつかの国の歯列矯正事情をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカはデンタルケアの最先端

歯を出して笑う女性

皆さんも、おそらくご存じのようにアメリカは歯の研究が非常に進んでいます。今現在、日本で行われている歯列矯正治療の多くはアメリカから来た技術を使っているものがほとんどです。

 

痛みの少ないデーモンブラケット(ブラケットの一種)やインビザライン(マウスピーク型矯正)などすべてアメリカで生まれたものになります。

 

また、人々の歯への意識も高く、中流家庭の子供の多くは矯正治療をしています。アメリカでは、歯の並びが汚いということはそれだけお金がないことを表し、綺麗な歯並びは一種のステータスとなっています。

 

また、アメリカでは肥満と並んで、歯並びの悪さは自己管理能力が低いと見なされることが多く、就職に悪影響があると言われています。

 

費用面に関しては、表側のブラケット矯正で平均的に35万から80万程度($3,000 to $7,000)となっており、日本と比べると少し安いのではないでしょうか。

In general, the average cost of braces can be anywhere from $3,000 to $7,000,

引用元: https://www.colgate.com/

 

ただ、虫歯治療などに関しては、アメリカはかなり高い費用が発生します。理由は日本のように国民全体で加入する健康保険のようなシステムがなく治療費の全額負担、仮に民間の保険会社と契約したとしても保険料と併せて一部治療費を払うため、たかが虫歯といえども高額の費用が発生します。

 

僕はアメリカに留学していたことがあるのですが、その際は入っていた保険が虫歯治療をカバーしておらず、たった1本の虫歯を直すのに日本円で約20万円も払いました

 

歯に対して意識を改める良い機会になりました。というか、そうでも言わないとやってられません。

 

おそらく、そういったこと背景からアメリカの人たちは自分たちの歯に対する意識が高く、健康で綺麗な歯を持っている人が多いんだと思います。

 

スポンサーリンク

イギリス人の歯は汚い?

汚い歯の少年

日本では、イギリス人の歯に対してイメージは特にないと思いますが、アメリカではよくイギリス人の歯の汚さを映画やドラマでバカにしていることがあります。

 

これは元々イギリス出身の俳優が歯が欠けている人が多かったことから、アメリカ人はイギリス人に対してあまり綺麗な歯を持っていないというイメージを持っています。

 

ただ、実際はそんなことはなく、2004年、経済協力開発機構(OECD)の発表によるとアメリカ人よりもイギリス人の方が虫歯や欠損歯が少なく健康な歯を持っており、イメージとは逆の結果となっています。

 

その理由としては、イギリスでは多くの歯科治療は無料で受けることができ、子供の頃であれば歯列矯正も治療に含まれるため、結果として多くの人が綺麗な歯を持っていると考えられます。

 

 

スポンサーリンク

フィリピンではブラケットはお洒落?

歯列矯正中の女の子

フィリピンではアメリカ同様、矯正治療をすること自体が一種のステータスとなっています。日本では矯正装置を付けていて、それが人に見えるというのはマイナスに見られることが多いですが、フィリピンではむしろつけていることがお洒落であるというぐらいです。

 

僕自身フィリピンに3か月ほど滞在したことがあり、そのときにカラフルな矯正装置をつけた人を何人か実際に見たのですが、彼らは全くブラケットを付けていることを恥じている様子はありませんでした。なので、日本のように裏側矯正やマウスピークで矯正する人はいません。

 

費用は非常に安く、日本円で30万以下でできるところが多いようです。

 

治療のクオリティが気になるところですが、日本よりも歯列矯正をやっている人も多く、また元々植民地でアメリカから多くの歯科技術が入ってきており、下手をすれば日本よりも最先端の治療を受けることができるのではないでしょうか。

 

勿論値段が安いからといって、フィリピンに歯列矯正のためだけに行くのはあまり現実的ではありませんが。日々のケアやトラブル時の対応など日本でしか受けられないサービスもあると思うので。

 

もし海外移住している人やこれから海外移住を考えている人で、併せて歯列矯正を考えている人であれば、現地での歯列矯正を考えてみるのはいいかもしれません。

 

 

今回はここまでとなります。こうやって見てみると、日本の歯科矯正にかかる費用がいかに高額であるかということがわかりますね。

 

この費用のネックさが、なかなか日本で歯列矯正が一般化しない理由ではないでしょうか。

コメント